アズパートナーズについて アズパートナーズについて

アズパートナーズ
についてProject

代表メッセージ

私が事業を発展させるために大事にしていることは、「お客様の満足=働くスタッフの満足」ということです。

「働くスタッフの満足」とは、 働くスタッフが心身共に健全であること。特に介護業界は人が人にサービスをするからこそ、それが重要であると考えています。

サービスを提供する中で、働く人に元気がなく疲れている様子だと、お客様は不安になります。だからこそ、まず私たちが心身共に健全であり、仕事を楽しんでいることが不可欠です。そのためには、「心と体にゆとりがあること」が重要です。

現場がより良い環境になるためにスタッフの声を最大限に活かし、業務の効率化を目指すためIoT・ICT化に取り組みました。そして完成したEGAO linkにより業務効率が格段にアップし、それがスタッフの心と体にゆとりを生みました。

このように介護現場におけるIoT・ICT化の取り組みは働くスタッフの環境を変え、お客様へのサービス向上に繋がります。

今後も現場の声を積み重ね、介護DXを進化させたいと思っています。

そして、IoTが遅れているといわれる介護業界に情報を発信し、業界全体を変えていく役割を果たす会社であることが、アズパートナーズの目標です。

仕事をするうえで大事なこと

仕事をするうえで大事なこと
「仕事を楽しむこと」

私自身、ずっと意識していることです。

スタッフの「楽しい」は、お客様の「楽しい」に、スタッフの「笑顔」は、お客様の「笑顔」へと伝播していきます。

スタッフ一人ひとりが仕事を楽しむことで、お客様も豊かな暮らしを送ることができるのです。

「思いやりを持つこと」

自分ひとりではできないことも沢山あります。そのために仲間がいて、それぞれに役割がある、だからこそ「思いやりをもつこと」が大切です。

自分自身を、チームを、そしてお客様を思いやるその気持ちが、仕事をスムーズにさせます。

「成長意欲をもつこと」

職種・年齢・経験に関係なく、スタッフ一人ひとりが輝いていてほしいというのが私の想いです。

そのためには「成長したい」という意欲を持つこと。なぜなら成長が「喜び」になり、次を目指す「楽しみ」に繋がるからです。仕事はその繰り返しです。

皆さんの成長と共に、スタッフの皆さんが「やりたいこと」を叶えられる会社であるために、必ず会社も成長し続けていきます。

介護=特殊な仕事ではなく、介護=輝く仕事でありたい、その思いに共感し、一緒に歩んでくれる方、是非一緒に成長をしていきましょう。

代表取締役社長 兼 CEO植村 健志

気持ちよく働くための取り組み

社員が働きやすい環境を目指し、最先端のIoTを取り入れることで業務効率化に成功。これにより削減できた時間で行っている、お客様の望む暮らし実現のための取り組みをご紹介致します。

会社概要

名称 株式会社アズパートナーズ
代表者 代表取締役社長 兼 CEO 植村 健志
事業概要
  • シニア事業
    介護付きホーム(介護付有料老人ホーム)、デイサービス、ショートステイの運営
  • 不動産事業
    収益不動産保有、宅地住宅分譲、不動産再生コンサルティング等
所在地 本社 / 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2丁目2番地 御茶ノ水杏雲ビル11階
設立 2004年11月2日
資本金 1億2,280万円
売上高 11,518,245千円(2022年3月期)
従業員数 1,640名(2022年4月1日現在)
  • HOME
  • アズパートナーズについて